読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカマタ−(色んな意味で)世界を股にかける女一人旅−

石窟寺院が「セ◯クス寺院」に聞こえる病気を患ってます

エロマンガ島のあるバヌアツという国について

今回は、バヌアツ共和国とはどんな国なのかについて語ります。

リゾート地だけど、旅人も増えて欲しい!

そんな思いで情報沢山書きますヽ(゚∀゚)ノ ワッショイ

 

目次  

 

場所

今の所100%で聞かれている

バヌアツってどこ?」

大体この辺です!

f:id:pino-sao:20160807023745j:image

ニュージーランドとフィジーの間にあります!

 f:id:pino-sao:20160807232748j:image

83の島からなり、首都ポートビラがあるのはエファテという島です。 

f:id:pino-sao:20160808162234j:image

  

行き方

日本からの直行便がない為、主にオーストラリアかニュージーランド経由になります!乗り入れ都市↓

 f:id:pino-sao:20160807232903j:image

エアーバヌアツで首都ポートビラへ!

f:id:pino-sao:20160807023916j:image

LCCではないので機内食が出るし、手荷物20kgまでOK!

行きの飛行機は混んでましたが、帰りは早朝便だったからでしょうか?

バヌアツの今後を悲観するレベルで空いてました。コチラ

f:id:pino-sao:20160807024224j:image

 

空港

f:id:pino-sao:20160807024244j:image

入国審査後の場所で15分だけWiFiが使えます!FREE-Wireless@VANUATUを選択してコチラの画面が出たら右上の15MINを押して簡単な入力をしたら使えます!

f:id:pino-sao:20160807024340j:image

シティまでは約15分で着きます。

f:id:pino-sao:20160807091744j:image

空港から出るとタクシーの客引きがいますが、バスに乗りましょう!

タクシーは3000円取られますが、バスなら500円くらいで行けますw

 

お金のはなし

通貨はVT(バツー)と言って、現在レート95円です。

(ここでは面倒なので1VT=1円表記で書いてます(゜∀゜))

ほとんど輸入に頼っている為、物価がやたら高いです。

f:id:pino-sao:20160807093305j:image

(少しお洒落なカフェで食べたパスタが2000円でしたw)

リゾート地なのでお金持ちの旅行者ばかりで若干肩身が狭いですが、貧乏な旅人にも生き抜く術はあります。後述します。

  

国民性

バヌアツは、世界で一番幸せな国とも言われています。

(あれ?それってブータンじゃないの?と思ったそこの貴方、ブータンは「世界で一番幸福度が高い国」だそうです。。どう違うんだ!)

f:id:pino-sao:20160807103343j:image

実際、着いた瞬間から幸せな国を肌で感じます!

全国民が陽気です。

道行く人にハローハローと声を掛けられます。これは私が日本人1人だからとかではなく、漏れなく全員に挨拶してます。

なので町中挨拶と笑顔で溢れています。

太平洋諸国の中では有名なほど治安が良いそうです。

悩みとかあったらとりあえずバヌアツに行きましょう。吹っ飛びます。

  

言語

彼らは言語を操る天才です。

全員、最低でも5個以上の言語を喋ります。

 f:id:pino-sao:20160808160127j:image

こんなチビッコでも英語喋ります!

その他は、バヌアツ語、ビシュラマ、フランス語、出身地の言語etc..

面白いのが、バヌアツだけで200個も言語があるんだそうです!!

(62個だ!と122個だ!という人もいた。みんな適当ww)

村1つにつき1言語存在するのだそうです。

なので日本には日本語しかないよと言うとビックリされます!

そして、英語すらまともに喋れない自分を恥じたのち、ぶん殴りたい気持ちになります。

  

交通手段

バスがそこらじゅうに走っているのでそれを利用しましょう!

超簡単です。

f:id:pino-sao:20160807101159j:image

ミニバンは大体バスですが、ナンバープレートにBとあるのがバスの目印です。

f:id:pino-sao:20160807101327j:image

シティ内はどこに行っても一律150円!

バス停なんかありません。手を振って止めます。

そして行き先を告げて同じ方向なら「よし乗れ!」となります。

f:id:pino-sao:20160807101533j:image

(北か南の二択なので大体乗れますw)

乗り合わせたお客さんの行き先に全部寄って行くので、毎回道が違うし、いつ目的地に着くかわかりませんw

 

ちなみに、友人曰く、日本の免許証でレンタカーが借りれたそうですw

でも右側通行だし、おっちゃんが「この国に交通ルールはない」と言ってたので不安ですw(その割には無茶な運転はしてませんでしたが)

 

エファテ島の見所

とにかく海が綺麗。ずっと海に癒されてればいいです。

f:id:pino-sao:20160807101708j:image

でも、それだけじゃあ満足できない!という方には、

・亀を見に行く(1500円)

ブルーラグーン(500円)

・滝を見る(2500円)

などの観光地があります。

私は暇だったので亀を見に行きましたが、

1500円の価値はないと思われます。

f:id:pino-sao:20160807101909j:image

可愛いけど、野生ではなく飼われてるやつなので。。

亀と同じ池にヒトデもいます。

f:id:pino-sao:20160807101926j:image

スタッフのおっちゃんが、問答無用で私にヒトデを乗せてきます。ちょっとヌルッとしたヒトデをTシャツの上に乗せてきます。胸の上に乗せる時だけ上手くいかず、2回ほど落下しました。何故だかは言わせないで下さい。今、私の頭のなかでブリーフ&トランクスの名曲がループしています。

f:id:pino-sao:20160807101948j:image

すごく嫌そう。。

もう一つ、ブルーラグーンにも行ったのですが、こちらはお勧めです!

f:id:pino-sao:20160808160810j:image

見どころだけで言えば、隣のタンナ島とか行った方が、世界で一番近くで見られる活火山があるので楽しいですw

 

バヌアツで安く生き抜くには 

宿はBluePangoMotel(ブルーパンゴモーテル)のドミ一択です。

f:id:pino-sao:20160807102206j:image

一泊1500円!バヌアツでは破格な筈…(カウチとAirbnbは未確認)

f:id:pino-sao:20160807102228j:image

シティ中心から15分程度かかりますが、バスなら150円ですし、5分に一度は通るので安心です。何より、宿主のおっちゃんが良い人過ぎる!

 

また、安く済ますには自炊!と思いがちですが、逆に高くつく場合もあります。

小さなオリーブオイルが1000円超えてました…。これじゃあ貧乏旅の味方・パスタも作れねえ。。

f:id:pino-sao:20160807103340j:image

シティ中心に市場があるのですが、それもそこまで安くない…。

f:id:pino-sao:20160807102343j:image

この萎びたレタスが一つ400円!ジーザス

なので、その市場に併設されてるフードエリアで食べましょう!

f:id:pino-sao:20160807103145j:image

種類も豊富です。この謎のご飯(美味しい)、400円です!

f:id:pino-sao:20160807102852j:image

また、中国人のお店でテイクアウト200円というのも何軒かあるそうです。

バスのおっちゃんに聞きましょうw

 

 

以上、Wikipediaに載ってなさそうな事を色々と書いてみました。

日本人の旅行者(主に一人旅) を殆ど見かけなかったので、もっと増えたら良いなーと切実に思います。私はこの国が大好きだ。平和だし。

 

直行便がなく日本からだと若干敷居が高いので、オーストラリアやニュージーランドにワーホリしている方には特にお勧めです!

 

それでは、バヌアツという国がなんとなく分かってきた所で、次はエロマンガ島での出来事を綴ります。

あでゅー 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 女性世界一周へ
にほんブログ村

 

↑ランキングに参加しています!

ボタンのクリック御願いします^^

押して次のページに飛ぶだけですー!

ただいま女性世界一周ランキング7位!

皆様のおかげですm(__)m