読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

セカマタ−(色んな意味で)世界を股にかける女一人旅−

石窟寺院が「セ◯クス寺院」に聞こえる病気を患ってます

エロマンガ島に行ってきた②〜彼らは食人、そしてウルトラの母になる〜

どうも、ピノです!

f:id:pino-sao:20160816154949j:image

(前歯が曲がってるのが気になるの。)

 

 

前回(エロマンガ島に行ってきた〜プロローグ的な〜)のつづき

 

 

メテソンゲストハウスは、
一泊2,000円!しかも3食付き!!

 

早朝便で到着したので、早速お昼ご飯!

 

f:id:pino-sao:20160811170941j:plain

 

エスターママの料理は美味しいと書いてあったので期待大!

最初のご飯コチラ!

 

 f:id:pino-sao:20160816135029j:image

 

バナナと白飯!!!!

 

しょっぱなから攻めた組み合わせですねー

 

違う時のも一気に紹介しますね。

左上から時計回りに

 

f:id:pino-sao:20160816135047j:image 

 

白飯、麺、ラプラプ(バナナを使ったパンのようなもの。)、バナナ

 

ピーナツバターのパン、ドーナツ?、バナナ

 

③白飯、豚肉(!)、焼きバナナ、バナナ

 

白飯、ツナ缶、麺、蒸しバナナ、バナナ

 

 

 

どんだけバナナ食わせるねん 

 

 

とりあえずバナナ攻めが半端ない。

f:id:pino-sao:20160816140019j:plain

こちらのバナナはちょっと小さめ。

 

煮たり、焼いたり、潰したり、あらゆる手段でバナナを出してくる。

バナナを使った料理に、更にバナナそのものも添えて出してくる。

 

 

前回、この島には電気が通ってないと書いたけど、そうなると冷蔵庫もないから食材のやりくりが大変なんだろうな。

 

あ、でも、組み合わせが日本人にはちょっとアレなだけで、全部美味しいんですよー( ´ ▽ ` )ノ

後で気付いたけど、ツナ缶とか豚肉とか、かなり貴重な食材。

一泊2000円じゃ足りない気がするな。

 

 

ご飯を食べながら、ママはこの島の歴史について色々話してくれました。

 

英語はさっぱり分かりませんでしたが、言葉の端々から多分Wikipediaに書いてあったような事を言ってたと思われる。→(エロマンガ島 - Wikipedia

なかなか悲惨な歴史のある島なのです。

 

 

そして島に来るまで心配だった一つが、彼らは人間を食べる種族だったという事。

 

 

もし、

「美人を食べたら美人になれる」

なんて言い伝えのある島だったら、私の命はここで終了すること間違いなし。

 

 

という事で念のため聞いてみましたが、今はもう食べてないそうです。

 

f:id:pino-sao:20160816155423p:image

 

 

 

 ゲストハウスを出て村を探索。

f:id:pino-sao:20160816152537j:image 

島民たちは私がとても珍しいらしく、会う度に質問攻め。

 

f:id:pino-sao:20160816152636j:image

この人はトマシさん。

 

f:id:pino-sao:20160816152649j:image

バヌアツは6つの州に分かれていて、トマシさんはこの州のエリアカウンセラーらしい。

(なんだろうエリアカウンセラーって。。)

 

色々説明してくれてたけど、英語が分からない以上に、社会の窓が全開だったのが気になって気になって話が全く頭に入ってこなかった。

f:id:pino-sao:20160816152804j:image

本人に悟られないよう何度も写真に収めようと試みたが上手く写らなかった。

 f:id:pino-sao:20160816152751j:image

f:id:pino-sao:20160816152838j:image 

 

 

今度はダンボールに入った子供達を発見。

(決して売られているわけではない)

 f:id:pino-sao:20160816152944j:image

 

彼らは日本人とカメラが相当珍しかったらしく、ずーーーっと引っ付いて離れない。

 

f:id:pino-sao:20160816153413j:image

 

「ピノの右手は私の!」
「左手は私の!」
「わーーん私もピノと手を繋ぎたいい゛ぃ゛ぃぃぃ(大泣き)」

 

こんな感じで対面1分にしてもはやアイドル。

 

 f:id:pino-sao:20160816152956j:image

  

 

あぐらをかいて座れば、その上にちょこんと座りにくる。
超かわいい。

 

 f:id:pino-sao:20160816153246j:image

 

 

彼らの髪は、細くクルクルしているので、編み込みがしやすい。

 

髪ゴムで最後とめなくても、クシュクシュってやっちゃえばほどけないので、お洒落な髪型の村人が多い。

 

f:id:pino-sao:20160816154014j:image

 

そんな子達が、私の髪をずーっといじっている。

「私も編み込み出来るよー!」

と、かれこれ1時間半は私の髪をこねくり回している。

 f:id:pino-sao:20160816163451j:image

 

東南アジアとかだと編み込み体験する人多いよね♫例えばこんな感じにしてくれるのかな?♫

 

 f:id:pino-sao:20160816161250j:image

(↑前海外行った時の友達の写真。可愛い。こんな風にして欲しい。)

 

 

そして1時間半経って出来たのがこれ↓

 

f:id:pino-sao:20160816153804j:image

 

おまえら1時間半なにしてた??爆笑

 

 

ウルトラの母か?

f:id:pino-sao:20160816154401j:image

なんならウルトラ母に失礼な気さえする。

 

 

髪の毛引っ張られ過ぎて20本は抜けたけど、いいよ、、みんな可愛いから許すよ

 

f:id:pino-sao:20160816154249j:image

 

 

つづく。

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

↑ランキングに参加していますー!!

女性世界一周ランキング現在3位♡

ありがとうございます!!